アメリカ大統領と南部 : 合衆国史の光と影

奥田暁代 著

アメリカの大統領たちは、南部といかに向き合い、南部をいかに利用したのか。合衆国建国以来、いまだ衰えない南部の存在感と影響力。南部がアメリカの形成と再生に果たした役割を詳細に読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ジョン・スミスが描いた社会-ジェイムズタウン植民地とポカホンタス
  • ジョージ・ワシントンが象徴する新国家-農園主、将軍、大統領
  • トマス・ジェファソンの描く国家-独立宣言と農本主義
  • アンドリュー・ジャクソンと南西部-西部開拓、インディアン・ファイター
  • ジェファソン・デイヴィスの南部連合国-奴隷制度をめぐる戦い
  • アンドリュー・ジョンソンの南部再建-共和党急進派、白人復権
  • シオドア・ローズヴェルトとラフ・ライダーズ-領土拡大、白人支配
  • ウッドロー・ウィルソンの書くアメリカ-南部復権とマスメディア
  • フランクリン・デラノ・ローズヴェルトと黒人社会-「どん底」から闘争へ
  • ドワイト・D.アイゼンハワーと公民権運動-最高裁判決、大統領の介入
  • ジミー・カーターに見る「南部」-農業の衰退と南部の変貌
  • ビル・クリントンの信仰心-南部と宗教と政治

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカ大統領と南部 : 合衆国史の光と影
著作者等 奥田 暁代
書名ヨミ アメリカ ダイトウリョウ ト ナンブ : ガッシュウコクシ ノ ヒカリ ト カゲ
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2010.12
ページ数 333p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7664-1773-9
NCID BB04265981
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21942607
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想