愛と欲望のフランス王列伝

八幡和郎 著

フランスの伝統が生んだ文化は、芸術や料理、ファッションなど世界のさまざまなところに浸透している。だが、学校教育における世界史では、歴史的人物の人間的な部分を削ぎ落としてしまうので、フランス史の真の面白さがわからない。本書は、列伝形式で歴代の王たちを網羅し、現代のセレブに至るまでドラマティックな歴史絵巻として描き出す。人間の歴史の縮図とも言うべきフランス史を、古代から現代まで通史として論じており、この一冊でフランス通になれる書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ ガリアの森の奥深くから物語は始まった
  • 第1章 血なまぐさい愛憎劇を繰り広げるゲルマン人の宮廷-メロヴィング朝
  • 第2章 カール大帝と『ローランの歌』-カロリング朝
  • 第3章 吟遊詩人が愛を語り、騎士たちは十字軍へ-カペー朝
  • 第4章 百年戦争とルネサンスの美女たち-ヴァロワ朝
  • 第5章 ヴェルサイユの薔薇とフランス革命-ブルボン朝
  • 第6章 ナポレオンがやっぱり偉人である理由-帝政と王政復古朝
  • 第7章 共和国の支配者とセレブたちの愉しみ-共和政の時代
  • エピローグ 21世紀になっても王政復古を狙うプリンスたち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 愛と欲望のフランス王列伝
著作者等 八幡 和郎
書名ヨミ アイ ト ヨクボウ ノ フランスオウ レツデン
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2010.12
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720573-2
NCID BB04264355
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21857794
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想