警察の誕生

菊池良生 著

警察の歴史をひもとくとき、今日のようなシステムが整うに到るまでには、その道筋は一筋縄ではいかなかった。そこには長い歴史が存在する。ヨーロッパにおける警察組織の発達過程は、王権や教会、都市といった様々な権力機構と不可分の関係にある。ヨーロッパ王朝史研究を専門とする著者が、各時代の独特な捜査法を紹介しつつ、ヨーロッパで近代警察が誕生するまでの背景、更には警察史を通じて見えてくる「新しいヨーロッパ史」を描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 江戸の「警察」組織
  • 第1章 古代ローマ「警察」制度
  • 第2章 中世の「警察」制度
  • 第3章 中世の都市の発展
  • 第4章 嫌われるウィーン市警備隊
  • 第5章 パリ「警察」の成立
  • 第6章 警察大改革前のイギリスの旧警察
  • 第7章 「ありがたき警察」と警察国家
  • 最終章 近代警察の誕生

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 警察の誕生
著作者等 菊池 良生
書名ヨミ ケイサツ ノ タンジョウ
書名別名 Keisatsu no tanjo
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2010.12
ページ数 205p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720571-8
NCID BB04259694
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21857793
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想