医者を続けるということ

小鷹昌明 著

"病院(びょういん)"は"病(院職)員(びょういん)"で溢れている…。『医者になってどうする!』の著者が、晴れて医学生となり、希望と情熱にもえる若者に向け、改めて病院の厳しい現実を切々と説く。矛盾あふれる医療現場にあって、バーンアウトすることなく、モチベーションを維持して医師として生き抜いていくには何が必要なのだろうか?本書には、そのヒントがつまっている。医師による、医師のためのメッセージ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 医師の思考的切り抜け術を伝授する!(まずは、書籍を執筆し続ける理由:少し長い私の思い
  • 医療訴訟については何度となく言っておきたい ほか)
  • 第2章 日本の医療の流れにおける医師哲学(温かい仕事
  • 失われた医療十年 ほか)
  • 第3章 医師でも男女について語れ!(働く女性論
  • 女医のJOYを目指せ ほか)
  • 第4章 これからの医療の行方(現場の声を届けるということは?
  • 医療制度なんて変えてしまえ! ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 医者を続けるということ
著作者等 小鷹 昌明
書名ヨミ イシャ オ ツズケル ト イウ コト
出版元 中外医学社
刊行年月 2010.12
ページ数 260p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-498-00998-1
NCID BB04258625
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21871367
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想