脳がみるみる活性化する50のスイッチ

米山公啓 著

脳を活性化する基本は「新しいことを体験していく」こと。視点をちょっと変えるだけで日常の中でも新しい体験が出来たり、新しい情報に触れられるもの。そのスイッチの切り替えができることこそ、脳を常に刺激していく方法なのだ。本書では著者自らも実践する、簡単な50の方法を紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 脳は「余計なこと」で磨かれる
  • 第1章 もの忘れを防ぐ脳のスイッチ
  • 第2章 ビジネスで役立つ脳のスイッチ
  • 第3章 発想力を磨く脳のスイッチ
  • 第4章 余暇をうまく使う脳のスイッチ
  • 第5章 男女の違いを利用する脳のスイッチ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳がみるみる活性化する50のスイッチ
著作者等 米山 公啓
書名ヨミ ノウ ガ ミルミル カッセイカスル 50 ノ スイッチ
書名別名 脳がよろこぶ「新」習慣術
シリーズ名 河出文庫 よ10-1
出版元 河出書房新社
刊行年月 2010.12
ページ数 221p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-309-41054-8
NCID BB0425719X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21857714
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想