はじめての政治哲学 : 「正しさ」をめぐる23の問い

小川仁志 著

人命救助は私たちの義務なのか?政治家は市民より正しいのか?なぜ定住外国人に参政権が与えられないのか?もし日本人がマイノリティになったらどうする?なぜ話し合いが必要なのか?孤独死と幼児虐待の問題の解決策とは?さまざまな問いから私たちの社会を考えるヒントを探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに いまなぜ政治哲学なのか
  • 第1章 自由をめぐる論争
  • 第2章 民主主義をめぐる論争
  • 第3章 差異と平等をめぐる論争
  • 第4章 共同体をめぐる論争
  • 第5章 対立をめぐる論争
  • おわりに 正しく生きるために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 はじめての政治哲学 : 「正しさ」をめぐる23の問い
著作者等 小川 仁志
書名ヨミ ハジメテ ノ セイジ テツガク : タダシサ オ メグル 23 ノ トイ
書名別名 Hajimete no seiji tetsugaku
シリーズ名 講談社現代新書 2084
出版元 講談社
刊行年月 2010.12
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288084-8
NCID BB04250077
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21866285
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想