東大講義録文明を解く  2 (知価社会の構造分析)

堺屋太一 著

中国の急成長と欧米の停滞、そして日本の衰退-。その根本原因は何で、どのような基本的変化が起こっているのか。世界の知価社会化が進む中で、変われずに苦しんでいる日本。そして知価社会にふさわしい制度と価値観とは。日本を復活させる唯一の道を提言する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第2部 知価社会の構造分析(知価革命で何が起こったか
  • 近代の常識が衰退した、バブルとその後遺症
  • 知価の特性-可変的、不測的、貯蔵不可
  • 知価は普及する
  • 知価社会における組織と帰属、そして好縁社会の予兆)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東大講義録文明を解く
著作者等 堺屋 太一
書名ヨミ トウダイ コウギロク ブンメイ オ トク
書名別名 東大講義録

知価社会の構造分析

Todai kogiroku bunmei o toku
シリーズ名 日経ビジネス人文庫 565
巻冊次 2 (知価社会の構造分析)
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2010.12
ページ数 259p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-532-19565-6
NCID BB04249555
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21860343
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想