再起する脳 : 脳梗塞が改善した日

渡辺一正 著

諦めてはいけない。脳梗塞は克服できる!半年で改善は止まるという医療の常識を覆し、発症から三年目、右手の親指が動き始めた-。脳の可塑性を信じ、重度の右半身麻痺から奇跡的な回復を遂げたエリート銀行員の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 脳梗塞発症(突然それはやって来た
  • とまどいの入院生活 ほか)
  • 第2章 右半身麻痺との戦い(職場復帰への不安
  • 通院開始 ほか)
  • 第3章 待ち続けた改善の兆し(積極的に外出しよう
  • 片麻痺ネットワークから得たもの ほか)
  • 第4章 本当の社会復帰に向けて(再び右手で字を書くための練習
  • 叶ったゴルフの約束 ほか)
  • 第5章 ホームページが生んだ絆(脳卒中患者同士の交流
  • Aさんとのメール交換)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 再起する脳 : 脳梗塞が改善した日
著作者等 渡辺 一正
書名ヨミ サイキスル ノウ : ノウコウソク ガ カイゼンシタ ヒ
出版元 幻冬舎ルネッサンス
刊行年月 2010.5
ページ数 165p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7790-0584-8
NCID BB0423775X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21858820
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想