〈江戸〉の人と身分  6

大橋 幸泰;深谷 克己【編】

宗教的異端、近世の「悪党」、東アジア諸地域の身分…。日本史という枠組みをも越えて、あらゆるものに身分のコードがつけられた近世社会を読み解く。全六巻の論点をさらに深める執筆者によるシンポジウム記録も収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 身分論をひろげる-プロローグ
  • 1 近世身分のとらえかた(士農工商と近世身分制
  • 「邪」と「正」の間-近世日本の宗教序列
  • 近世的「悪党」)
  • 2 近世東アジア地域の身分関係(朝鮮の士と民
  • 中国における「士」と「民」
  • 近世琉球の士と民(百姓))
  • 3 シンポジウム 身分論をひろげる(身分のとらえ方
  • 身分的周縁論の分析方法を考える
  • 「士農工商」と近世の頂点身分-「士」を中心に ほか)
  • シンポジウム 「身分論をひろげる」の記録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈江戸〉の人と身分
著作者等 堀 新
大橋 幸泰
宇佐美 英機
山田 賢
柳谷 慶子
深谷 克己
菊池 勇夫
藪田 貫
豊見山 和行
趙 景達
須田 努
書名ヨミ エド ノ ヒト ト ミブン
書名別名 身分論をひろげる
巻冊次 6
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2011.1
ページ数 233p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-642-06571-9
NCID BB04237476
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21870738
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想