聖書を発見する

本田哲郎 著

聖書は一つ-旧約も新約も、聖書の諸文書は相互に引用し合い、言及し合い、有機的に結合して、一つの全体をなしている。そこから発信されるメッセージの中心にあるもの、それは、神がつねに新しく、貧しく小さくされた者たちを選び、かれらと共に働いてすべての人を救うという、「選びの神学」による福音であった。四つの福音書を中心に、著者自身の新訳に基づいて、テキスト相互の関連の糸を手繰り、独自の読みを根拠づける。聖書の、こんな読み方があった-宗教を超えて福音を。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 聖書に問う
  • 第1章 どこに立って聖書を読むのか
  • 第2章 聖書が告げるイエスのイメージ
  • 第3章 神はだれを選んだのか
  • 第4章 怒りと共感
  • 終章 人を大切にする
  • 対話

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 聖書を発見する
著作者等 本田 哲郎
書名ヨミ セイショ オ ハッケンスル
書名別名 Seisho o hakkensuru
出版元 岩波書店
刊行年月 2010.11
ページ数 273, 13p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-023697-3
NCID BB04232009
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21862283
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想