ケガレの民俗誌 : 差別の文化的要因

宮田登 著

被差別部落の白山信仰、血穢の性差別、非常民の世界、民俗概念としてのケガレ。これまで日本民俗学が避けてきた問題、ケガレと差別の底に潜むものは何か。ハレ・ケ・ケガレの民間信仰の意識構造のなかで、ケガレが不浄なるものへと変化する過程を究明し、経血にまつわる女性差別の要因である血穢の虚構をあばく。また、死穢というもっとも大きな不浄観はどのような時空間で発生するのかなど、その基底にある民俗儀礼の奥底を明らかにする。ケガレとはたんなる汚穢ではなく、ハレを喚起する力なのだ。日本民俗の深層に根付いている不浄なる観念と差別の問題を考察した先駆的名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 民俗研究と被差別部落
  • 2 差別の生活意識
  • 3 性差別の原理
  • 4 シラとケガレ
  • 5 ケガレの民俗文化史
  • 6 今後の課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ケガレの民俗誌 : 差別の文化的要因
著作者等 宮田 登
書名ヨミ ケガレ ノ ミンゾクシ : サベツ ノ ブンカテキ ヨウイン
シリーズ名 ちくま学芸文庫 ミ2-5
出版元 筑摩書房
刊行年月 2010.12
ページ数 317p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09339-4
NCID BB04219769
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21888563
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想