数学をいかに使うか

志村五郎 著

歴史的な発展を念頭に置きつつ、"どう使うか"という立場から書かれた入門書。在来の教科書が教えてくれない有用な定理や考え方を多数紹介。書き下ろし文庫オリジナル。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 記号、特に行列について
  • 線形代数の使い方
  • Hermite行列その他
  • ベクトル積から外積代数まで
  • 四元数環の重要性
  • Clifford代数とスピン群
  • 複素解析、特に楕円関数
  • テータ関数と保型関数
  • Riemannのテータ関数とDedekindのη
  • Lebesgue積分とFourier解析
  • Fourier変換からメタプレクティック群へ
  • 代数で何を教えるべきか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 数学をいかに使うか
著作者等 志村 五郎
書名ヨミ スウガク オ イカニ ツカウカ
書名別名 Sugaku o ikani tsukauka
シリーズ名 ちくま学芸文庫 シ20-2
出版元 筑摩書房
刊行年月 2010.12
ページ数 173p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09325-7
NCID BB04212431
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21887351
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想