モーツァルトの食卓

関田淳子 著

いまもなお、世界中の人々を魅了してやまないヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト。この天才音楽家は生涯のおよそ三分の一を旅に明け暮れた。6歳でのミュンヘンへの旅を皮切りに、郵便馬車に揺られヨーロッパを縦横に駆け巡った演奏旅行は、貴族や聖職者たちの食を観察し、各地の料理やレストラン、カフェを楽しむ旅でもあった。旅先で空腹を満たした街道沿いの惣菜屋の安い料理や修道院の精進スープ。一方、貴族の贅沢な食卓やハプスブルク家の最高級宮廷料理にも接する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ザルツブルクでの食卓
  • 第2章 ヨーロッパ宮廷を巡る旅と「食」
  • 第3章 モーツァルト、イタリアへ行く
  • 第4章 天才の音楽遍歴
  • 第5章 ウィーンでの食卓
  • 第6章 天才の光と陰
  • エピローグ 旅立ち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 モーツァルトの食卓
著作者等 関田 淳子
書名ヨミ モーツァルト ノ ショクタク
書名別名 Motsuaruto no shokutaku
シリーズ名 朝日選書 873
出版元 朝日新聞
刊行年月 2010.12
ページ数 236, 2p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-02-259973-5
NCID BB04202711
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21866514
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想