違法性阻却原理としての新目的説

吉田宣之 著

規範の本質を構成する「当為(sollen)」の検討から命令説を基本的視座とし、違法性の本質を行為無価値、結果無価値の二元論によって構成すべきこと、それ故に、正当化事由の一般原理として新目的説によるべきことを、個別的研究を通じて明快かつ具体的に、論証。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序説 違法性に対する基本的視座
  • 1 自己決定権と自殺関与罪の処罰根拠
  • 2 自殺教唆・幇助罪の処罰根拠
  • 3 ヒト胚とその法的保護
  • 4 防御的緊急避難の再検討
  • 5 責任を欠く者の侵害と正当防衛の制限
  • 6 違法性の相対性について
  • 7 「自招防衛」と正当防衛の制限-最高裁判所平成20年5月20日第2小法廷決定
  • 8 Zur materiellen Legitimation der mutmasslichen Einwilligung
  • 9 Das Leben als eine Grenze des Selbstbestimmungsrechts

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 違法性阻却原理としての新目的説
著作者等 吉田 宣之
書名ヨミ イホウセイ ソキャク ゲンリ ト シテノ シン モクテキセツ
書名別名 Ihosei sokyaku genri to shiteno shin mokutekisetsu
シリーズ名 刑法 27
学術選書 27
出版元 信山社
刊行年月 2010.11
ページ数 291p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7972-5427-3
NCID BB04191014
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21933450
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想