海を越える日本文学

張競 著

海外での村上春樹人気のなぜ?を皮切りに、海を越える/越えられない日本文学にまつわる翻訳事情を紹介。また、日本文学が東アジアで読まれることと、欧米で読まれることの、意味の違いについて論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 何が読ませるのだろう-村上春樹、海外で人気のわけ(日本文学、読まれ方の変化
  • 村上春樹の人気ぶり ほか)
  • 第2章 テクストたちの運命-異文化という荒波のなかで(なんといってもノーベル文学賞
  • まだまだ遠い国、日本 ほか)
  • 第3章 たかが翻訳、されど翻訳-ことばの壁は乗り越えられるか(森鴎外の翻訳紹介が少ないのは?
  • 名文の運命 ほか)
  • 第4章 まちがいだらけの文学交流-誤解と反目の文学外史(日本は世界でどう認識され始めたか
  • 日本文学=古典だった時代 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海を越える日本文学
著作者等 張 競
書名ヨミ ウミ オ コエル ニホン ブンガク
書名別名 Umi o koeru nihon bungaku
シリーズ名 ちくまプリマー新書 149
出版元 筑摩書房
刊行年月 2010.12
ページ数 159p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-68851-4
NCID BB04183606
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21890997
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想