高度成長の時代  2 (過熱と揺らぎ)

大門正克 他編

アメリカの覇権下、冷戦構造のなかで未曾有の経済成長を遂げた日本社会。1960年代半ばから70年代半ばまでを中心に、家族、社会、政治、経済、東南アジアとのかかわりなどのテーマから、その歴史的特質に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 高度成長の過熱と終焉
  • 第2章 高度成長期の地方自治-開発主義型支配構造と対抗運動としての革新自治体
  • 第3章 ニュータウンの成立と地域社会-多摩ニュータウンにおける「開発の受容」
  • 第4章 教育の「能力主義」的再編をめぐる「受容」と「抵抗」
  • 第5章 高度成長と家族-「近代家族」の成立と揺らぎ
  • 第6章 一九六〇年代の児童手当構想と賃金・人口・ジェンダー政策
  • 第7章 高度成長と東南アジア-「開発」という冷戦・「ベトナム戦争」という熱戦のなかで

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高度成長の時代
著作者等 佐藤 隆
大槻 奈巳
大門 正克
岡田 知弘
柳沢 遊
進藤 兵
高岡 裕之
書名ヨミ コウド セイチョウ ノ ジダイ
書名別名 過熱と揺らぎ
巻冊次 2 (過熱と揺らぎ)
出版元 大月書店
刊行年月 2010.12
ページ数 348p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-272-52092-3
NCID BB04173522
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21861720
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想