デジタル時代の日本映画 : 新しい映画のために

ミツヨ・ワダ・マルシアーノ 著

デジタル技術は映画の製作・流通・受容を劇的に変え、日本映画をグローバル市場に押しだした。Jホラーやアニメーションからドキュメンタリー・民族映画まで、作品に即してメディア収束下の新たな映画文化を捉えるとともに、「トランスナショナル」の実像を見つめる画期的な現代映画論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章
  • 第1章 ホラー映画におけるニューメディアの影響
  • 第2章 デジタル的な「真実らしさ」
  • 第3章 「個人的な」アニメーション
  • 第4章 トランスナショナル・シネマに見る国家
  • 第5章 日本の文化的想像力と民族映画
  • 終章

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 デジタル時代の日本映画 : 新しい映画のために
著作者等 Wada-Marciano, Mitsuyo
ワダ・マルシアーノ ミツヨ
書名ヨミ デジタル ジダイ ノ ニホン エイガ : アタラシイ エイガ ノ タメニ
書名別名 Dejitaru jidai no nihon eiga
出版元 名古屋大学出版会
刊行年月 2010.12
ページ数 247, 41p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8158-0657-6
NCID BB04170058
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21882102
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想