室町幕府論

早島大祐 著

一〇〇メートルを超える大塔、眩く輝く金張りの仏閣、華やかな祭礼-首都京都の強大な経済力を背景に空前の「大規模造営」を将来した武家政権は、今や朝廷を凌ぐ威光を確立した。弱体政権論を覆し、武家政権が「権力」と「権威」を二つながら掌握してゆく過程を義満時代を中心に描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 天龍寺-足利尊氏・義詮の時代
  • 第2章 相国寺-足利義満の時代1
  • 第3章 相国寺大塔と北山第-足利義満の時代2
  • 第4章 南北朝期の公武関係-研究史的考察
  • 第5章 復興期の社会-足利義持の時代1
  • 第6章 守護創建禅院-足利義持の時代2

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 室町幕府論
著作者等 早島 大祐
書名ヨミ ムロマチ バクフ ロン
書名別名 Muromachi bakufu ron
シリーズ名 講談社選書メチエ 486
出版元 講談社
刊行年月 2010.12
ページ数 288p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258487-6
NCID BB04158493
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21862905
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想