自分を守る経済学

徳川家広 著

経済学の初歩から日本経済が現在のように停滞するに至った歴史的理由、そこから導き出される近未来図をクリアに描き、生活防衛へのヒントを提供。徳川宗家十九代目の史眼が冴える、異色の経済ガイド。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人間と経済
  • 第2章 「分業のジレンマ」と国家の誕生
  • 第3章 お金と国家
  • 第4章 景気、景気対策、バブル
  • 第5章 語られざる生産要素-略奪された富とエネルギー
  • 第6章 関ヶ原からバブルまで-日本経済四〇〇年の歩み
  • 第7章 平成「大停滞」の解明
  • 第8章 これから何が起こるのか
  • 第9章 何をすれば、自分を守れるのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自分を守る経済学
著作者等 徳川 家広
書名ヨミ ジブン オ マモル ケイザイガク
書名別名 Jibun o mamoru keizaigaku
シリーズ名 ちくま新書 878
出版元 筑摩書房
刊行年月 2010.12
ページ数 235p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06583-4
NCID BB04153467
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21887654
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想