東大生の論理 : 「理性」をめぐる教室

高橋昌一郎 著

知的で、理詰めで、クール。論理的だけど頭でっかち。私たちがイメージする東大生は、教室でどのように反応しているのだろうか?本書では、アメリカ帰りの「アウトサイダー」教授が、東大の「論理学」の講義で行った「理性」をめぐる多彩なディスカッションをもとに、東大生の志向性を考察する。同時に、社会的ジレンマや神秘といったテツガク的な議論、東大特有の「進振り」や「シケタイ」、東大生の恋愛相談やブログなどにもふれる楽しい一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「シラバス」と「男女関係の問題」
  • 「二分法」と「詐欺」
  • 「スモールワールド」と「東大生への挑戦」
  • 「社会的ジレンマ」と「東大生からの挑戦」
  • 「ナッシュ均衡」と「アヒルの選択」
  • 「パレートの法則」と「マーフィーの法則」
  • 「進学振分け」と「功利主義」
  • 「哲学ディベート」と「推論」
  • 「東大生の相談」と「科学者倫理」
  • 「理性」と「神秘」
  • 「東大生の視点」と「授業評価」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東大生の論理 : 「理性」をめぐる教室
著作者等 高橋 昌一郎
書名ヨミ トウダイセイ ノ ロンリ : リセイ オ メグル キョウシツ
書名別名 Todaisei no ronri
シリーズ名 ちくま新書 881
出版元 筑摩書房
刊行年月 2010.12
ページ数 205p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06582-7
NCID BB04151701
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21887652
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想