ダーウィンの珊瑚

ホルスト・ブレーデカンプ [著] ; 濱中春 訳

初期ダーウィンの進化のモデルは系統樹ではなく珊瑚(サンゴ)であった-初期のスケッチや覚え書きの分析を通してその事実に迫り、自然科学におけるイメージの意味、知の構築においてイメージが持ちうる可能性を掘り起こす超領域的ダーウィン研究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 拾得物(一八三四年)
  • 2 樹から珊瑚へ(一八三七年)
  • 3 ストリックランドの対案(一八四〇年)
  • 4 円環のスケッチからダイアグラムへ(一八五一‐一八五八年)
  • 5 『種の起源』の図版(一八五九年)
  • 6 珊瑚の博物学
  • 7 進化と美の問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ダーウィンの珊瑚
著作者等 Bredekamp, Horst
濱中 春
ブレーデカンプ ホルスト
書名ヨミ ダーウィン ノ サンゴ : シンカロン ノ ダイアグラム ト ハクブツガク
書名別名 Darwins Korallen

進化論のダイアグラムと博物学
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 949
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2010.12
ページ数 185p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-00949-5
NCID BB04149652
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21941319
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想