現象学の根本問題

マルティン・ハイデガー [著] ; 木田元 監訳・解説 ; 平田裕之, 迫田健一 訳

未完の主著『存在と時間』の欠落を補う最重要の講義録。アリストテレス、カント、ヘーゲルと主要存在論を検証しつつ時間性に基づく現存在の根源的存在構造を解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 存在に関するいくつかの伝統的テーゼについての現象学的批判的な論究(カントのテーゼ「存在はレアールな述語ではない」
  • アリストテレスにまで遡る中世存在論のテーゼ「存在者の存在構造には"何であるかということ"、つまり本質存在と、可能な事物的眼前存在、つまり事実存在が属する」
  • 近代存在論のテーゼ「存在の根本様態は、自然の存在つまり広ガリノアルモノと、精神の存在つまり思考スルモノである」
  • 論理学のテーゼ「すべての存在者はそのつどの存在様態には関わりなく『である』によって語られうる」。繋辞としての存在)
  • 第2部 存在一般の意味についての基礎存在論的な問い。存在の根本諸構造と根本諸様態(存在論的差異の問題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現象学の根本問題
著作者等 Heidegger, Martin
平田 裕之
木田 元
迫田 健一
ハイデガー マルティン
書名ヨミ ゲンショウガク ノ コンポン モンダイ
書名別名 Die Grundprobleme der Phanomenologie

Genshogaku no konpon mondai
出版元 作品社
刊行年月 2010.12
ページ数 589p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-86182-068-7
NCID BB04145323
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21856540
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想