哲学への誘い : 新しい形を求めて  2

松永 澄夫;村瀬 鋼【編】

哲学する人はまずは生きている。哲学とは、自己と世界とを相手取って生きる一人の「私」の或る「振る舞い」である。第2巻では、言語化された思考をその航跡とする哲学の振る舞いの形を素描する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 生活と思索と言葉
  • 第1章 問いつめる
  • 第2章 哲学的討議
  • 第3章 哲学の文体-哲学の文章はどうしてわかりにくいのか
  • 第4章 哲学の身振り
  • 第5章 自己探求と他者-基盤である絆の発見
  • 第6章 哲学する自己

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 哲学への誘い : 新しい形を求めて
著作者等 村瀬 鋼
松永 澄夫
書名ヨミ テツガク エノ イザナイ : アタラシイ カタチ オ モトメテ
書名別名 哲学の振る舞い

Tetsugaku eno izanai
巻冊次 2
出版元 東信堂
刊行年月 2010.11
ページ数 262p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7989-0020-9
NCID BB04111536
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21858220
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想