東アジアの兵器革命 : 十六世紀中国に渡った日本の鉄砲

久芳崇 著

十六世紀末、日本の火縄銃と輪番射撃戦術は中国・朝鮮に衝撃を与えた。日本式鉄砲が広がっていく経過、日本兵捕虜の処遇、軍事力を背景にした明の新秩序確立過程などを解明。兵器革命の実態から「軍拡」の時代を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 語られなかった鉄砲伝来
  • 1 中国に渡った日本式鉄砲と日本兵(十六世紀末、日本式鉄砲の明朝への伝播-万暦朝鮮の役から播州楊応龍の乱へ
  • 朝鮮の役における日本兵捕虜-明朝による連行と処置
  • 明朝皇帝に献納された日本兵捕虜)
  • 2 明末における兵器革命(十七世紀初、西南中国における火器の伝播と普及
  • 明末における武官統制と火器技術受容-都督劉〓(てい)の事例を中心に
  • 明末における新式火器の導入と京営)
  • 結語 兵器革命の時代から軍縮の時代へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジアの兵器革命 : 十六世紀中国に渡った日本の鉄砲
著作者等 久芳 崇
書名ヨミ ヒガシアジア ノ ヘイキ カクメイ : 16セイキ チュウゴク ニ ワタッタ ニホン ノ テッポウ
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2010.12
ページ数 209, 7p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-642-08149-8
NCID BB04061460
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21851067
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想