代数学  1 (群論入門)

雪江明彦 著

代数幾何、整数論、表現論など、興味深い分野を含む代数学。本シリーズは、その基礎理論である群、環、体から、その先の分野で必要になる進んだ話題までを収め、細切れではなく体系だてて代数学を解説します。丁寧な説明、豊かな例とさまざまなレベルの演習問題、先の分野の案内などを通じて、活きた代数学を伝えます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 集合論(集合と論理の復習
  • well‐definedと自然な対象 ほか)
  • 第2章 群の基本(群の定義
  • 環・体の定義 ほか)
  • 第3章 群を学ぶ理由(3次方程式と4次方程式の解法
  • なぜ群を学ぶか ほか)
  • 第4章 群の作用とシローの定理(群の作用
  • 対称群の共役類 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 代数学
著作者等 雪江 明彦
書名ヨミ ダイスウガク
書名別名 群論入門
巻冊次 1 (群論入門)
出版元 日本評論社
刊行年月 2010.11
ページ数 158p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-535-78659-2
NCID BB04052517
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21850620
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想