Make:Electronics : 作ってわかる電気と電子回路の基礎

Charles Platt 著 ; 鴨澤眞夫 訳

本書は「発見による学習」というプロセスを通じて基本を学ぶ、新しい世代のためのエレクトロニクス入門書です。最初に実験または製作を行い、その後、理論を解説するという構成で、退屈になりがちな学習をより深く心に残る「体験」にします。本書で行う実験は「電気を舌で味わう」「電子部品の分解」「LEDを焼き切る」など。作例としては、侵入アラーム、反射速度計測タイマー、ロボットカートなど、エレクトロニクスの重要な要素を理解するのに最適で、実際に使えるものを取り上げました。また本書では、ホビーとしてのエレクトロニクス(電子工作)を楽しむための実践的なアドバイス、さまざまな法則や電子部品にまつわる数多くのコラムも多数掲載。入門者にかぎらず、中・上級者にも新たな発見があることでしょう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 電気を体験する
  • 2章 スイッチング-基本からいろいろ
  • 3章 もう少しだけ真剣に
  • 4章 チップス・アホイ!
  • 5章 What Next?
  • 付録 オンラインに存在するショップやメーカーの一覧

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 Make:Electronics : 作ってわかる電気と電子回路の基礎
著作者等 Platt, Charles
Platt, David Charles
鴨澤 眞夫
プラット チャールズ
書名ヨミ Make Electronics : ツクッテ ワカル デンキ ト デンシ カイロ ノ キソ
書名別名 Make:electronics

Make Electronics
出版元 オライリー・ジャパン : オーム社
刊行年月 2010.11
ページ数 325p
大きさ 24cm
ISBN 978-4-87311-477-4
NCID BB04044461
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21854812
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想