労働時間の政治経済学 : フランスにおけるワークシェアリングの試み

清水耕一 著

ワークシェアリングは成功したのか。フランスにおける先進的な取り組みが雇用創出と労使関係に与えた効果について、1980年代から現在までの制度の追跡と、ルノーやトヨタ・フランスなど自動車企業の実態調査によって、マクロとミクロ両面より分析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 労働時間短縮をめぐる諸問題
  • 第1部 週35時間労働法の成立と運命(35時間労働法への歩み
  • 2つのオブリー法
  • オブリー法の効果と社会的アクターの反応
  • 時間戦争:35時間労働の終焉?)
  • 第2部 法定週35時間労働制で働く(35時間労働制への移行方法と実態
  • 金属産業の部門協定
  • ルノーにおける35時間労働
  • PSAプジョー・シトロエンにおける35時間労働
  • トヨタ・フランスと35時間労働法)
  • 不可逆的な進化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 労働時間の政治経済学 : フランスにおけるワークシェアリングの試み
著作者等 清水 耕一
書名ヨミ ロウドウ ジカン ノ セイジ ケイザイガク : フランス ニ オケル ワーク シェアリング ノ ココロミ
出版元 名古屋大学出版会
刊行年月 2010.12
ページ数 402p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8158-0652-1
NCID BB04044392
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21865462
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想