食の人権 : 安全な食を実現するフードシステムとは

伊藤恭彦 編著 ; 小栗崇資, 早川治, 梅枝裕一 著

冷凍餃子事件が教えてくれる「食の人権」の意味とは?!食の安全から食の人権へ、哲学・政治学・経済学・経営学から切り込む斬新な試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「食」の構造と食品産業のグローバルな管理(「食」の構造-製造物としての「食」
  • 食品産業の構造と現段階 ほか)
  • 第2章 持続可能な世界の食料需給(世界の穀物需給動向
  • 穀物価格高騰の要因 ほか)
  • 第3章 食とくらしの人権(人権の歴史的発展
  • 食の人権とは ほか)
  • 第4章 持続可能な消費と消費者運動(消費者の権利の転換
  • 持続可能な消費と生産の現代的展開 ほか)
  • 終章 グローバル・フードシステムと食の安全(食品の安全と食の人権
  • 地球的問題群と食の人権 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 食の人権 : 安全な食を実現するフードシステムとは
著作者等 伊藤 恭彦
小栗 崇資
早川 治
梅枝 裕一
書名ヨミ ショク ノ ジンケン : アンゼンナ ショク オ ジツゲンスル フード システム トワ
書名別名 Shoku no jinken
出版元 リベルタス
刊行年月 2010.11
ページ数 141p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-905208-00-6
NCID BB03999039
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21922123
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想