認知症ケアの心

長谷川和夫 著

認知症ケアにおいて最も大切なことは…。認知症の人と向き合って40年。長谷川式認知症スケールの産みの親にして、認知症ケアの第一人者である著者が初めて語る認知症ケアの本質。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 認知症ケアとは、何か(認知症の人と向き合うということ
  • 認知症ケアで大切な理念
  • 認知症ケアに求められる知識と技術)
  • 第2部 臨床の原点から現在に至るまでの歩み(医師として認知症に取り組むまで
  • 長谷川式認知症スケールの開発と認知症デイケア
  • 治す医療から寄り添う医療へ
  • ご本人が語る時代を迎えて)
  • 第3部 対談・老いと認知症をみつめる-新福尚武×長谷川和夫

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 認知症ケアの心
著作者等 長谷川 和夫
書名ヨミ ニンチショウ ケア ノ ココロ : ヌクモリ ノ キズナ オ ツクル
書名別名 ぬくもりの絆を創る
出版元 中央法規
刊行年月 2010.11
ページ数 219p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8058-3386-5
NCID BB03995479
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21842145
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想