人間の安全と刑法

生田勝義 著

[目次]

  • 序論 「人間の安全と刑法」を考える
  • 第1章 厳罰主義と人間の安全-刑法の役割についての-考察
  • 第2章 日本の犯罪発生傾向と検挙率の動向
  • 第3章 刑罰の一般的抑止力と刑法理論-批判的一考察
  • 第4章 組織犯罪と刑法
  • 第5章 人身取引問題の新展開
  • 第6章 日本の治安法と警察-その動向と法的課題
  • 補章 刑法学における人権論の課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間の安全と刑法
著作者等 生田 勝義
書名ヨミ ニンゲン ノ アンゼン ト ケイホウ
シリーズ名 立命館大学法学叢書 第11号
出版元 法律文化社
刊行年月 2010.11
ページ数 193p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-589-03303-1
NCID BB03989512
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21865473
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想