旧石器遺跡「捏造事件」

岡村道雄 著

遺跡はどのように捏造されたのか。渦中にあった元文化庁主任文化財調査官が、10年の沈黙を経て、いま明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 旧石器遺跡捏造の経緯
  • 第1章 「栄光」への軌跡(石器文化談話会の始まり
  • 本格化する発掘活動 ほか)
  • 第2章 失墜した"ゴッド・ハンド"(拡大していく戦果
  • 捏造発覚 ほか)
  • 第3章 捏造発覚から一〇年を経て(見破られなかった藤村の知恵
  • 見破れなかった私の甘さ ほか)
  • 第4章 明日への考古学(三つの過ち
  • ささやかな私からの提言 ほか)
  • 終章 旧石器遺跡捏造の総括

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 旧石器遺跡「捏造事件」
著作者等 岡村 道雄
書名ヨミ キュウセッキ イセキ ネツゾウ ジケン
書名別名 Kyusekki iseki netsuzo jiken
出版元 山川出版社
刊行年月 2010.11
ページ数 245p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-634-15008-9
NCID BB0398770X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21840350
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想