天皇の歴史  01巻

大津 透【著】

天皇はいつ生まれ、どんな役割で、いかに統治したのか。三輪山のふもと、ヤマトに生まれた王を中核として展開される古代国家統一への道。その正統性の根拠は何なのか。また東アジア情勢が与えた影響とは?神意を知る存在としての宗教的機能を中心に、天皇号・大和政権の成立過程と支配の構造を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「天皇の歴史」のために
  • 第1章 卑弥呼と倭の五王
  • 第2章 『日本書紀』『古事記』の伝える天皇
  • 第3章 大和朝廷と天皇号の成立
  • 第4章 律令国家の形成と天皇制
  • 終章 天皇の役割と「日本」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天皇の歴史
著作者等 大津 透
書名ヨミ テンノウ ノ レキシ
書名別名 神話から歴史へ

Tenno no rekishi
巻冊次 01巻
出版元 講談社
刊行年月 2010.11
ページ数 390p
大きさ 20cm
付随資料 1枚.
ISBN 978-4-06-280731-9
NCID BB03983083
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21844693
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
神話から歴史へ 大津 透
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想