上手な逝き方

嵐山光三郎, 大村英昭 著

死後のイメージトレーニングが今、大切なことである。本書はこの観点から、作家・嵐山光三郎と浄土真宗の僧侶でもある大村英昭関西学院大学教授が縦横に語り合う。「千の風になって、ひとはどこへ行くというのだろう」「家族とは、死者のための、残された者たちの寄り合いではないか」「おひとりさまの老後の合理的自己完結。しかし、その反家族主義は?」「日本人の骨への執着とは」。年をとることが恐ろしい時代に向き合って考える、上手に生きて、逝くための作法。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 千の風になって、どこへ行く?
  • 第2章 無縁社会と「おひとりさま」
  • 第3章 残された者の気持ち・慰霊・追悼
  • 第4章 お葬式はよくできている
  • 第5章 お墓と骨をめぐる問題
  • 第6章 長寿社会の生と死を語る
  • 終章 仏教と人間と時間

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 上手な逝き方
著作者等 大村 英昭
嵐山 光三郎
書名ヨミ ジョウズナ イキカタ
書名別名 Jozuna ikikata
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2010.11
ページ数 185p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720565-7
NCID BB03947498
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21841374
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想