ヤマト王権

吉村武彦 著

日本列島にはじめて成立した全国的な統治システム、ヤマト王権。その始まりはいつだったのか。初代の「天皇」とは誰なのか。王宮や王墓の変遷は何を物語るのか-。「魏志倭人伝」など中国の正史や金石文ほか、貴重な同時代史科に残された足跡を徹底的にたどり、ひろく東アジアの動きを視野に、多くの謎を残す時代の実像に肉迫する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに-奈良人からみた「いにしえ」
  • 第1章 東アジアの倭・倭人・倭国
  • 第2章 ヤマト王権の成立
  • 第3章 東夷の小帝国と倭の五王
  • 第4章 継体天皇の即位と伽耶
  • 第5章 仏教の伝来と蘇我氏
  • おわりに-「飛鳥」以前、日本列島の文明化の時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヤマト王権
著作者等 吉村 武彦
書名ヨミ ヤマト オウケン
書名別名 Yamato oken
シリーズ名 シリーズ日本古代史 2
岩波新書 2
出版元 岩波書店
刊行年月 2010.11
ページ数 196, 19
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431272-7
NCID BB03943828
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21861597
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想