ゲームキャラしか愛せない脳

正高信男 著

未成年への教育上の悪影響が懸念されつつ、日本は戦後、一貫して性が解放されてきた。氾濫する性情報。にもかかわらず21世紀、登場したのは恋愛に消極的な「草食系男子」や、ゲームの二次元キャラクターに恋人を求める若者たち-。そればかりではない。みずから出会いがつくれず「婚活」がビジネスとなる一方、「できちゃった婚」の流行。あげくのはてには「セックスレス夫婦」。はたして日本人の本能は壊れてしまったのか?妄想と化す欲情、さまよえる性欲。生物学、認知科学、脳科学を用いてヒトの欲望の闇に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 なぜヒトはセックスを隠すようになったのか(なぜヒトのセックスは長いのか
  • どうして愛撫が必要なのか ほか)
  • 第2章 なぜ「できちゃった婚」ばかりがはやるのか(谷崎潤一郎に見る欲情と性欲
  • 他人のプライバシーをのぞき見る快感 ほか)
  • 第3章 さまよえる性欲(「やっぱり見た目が大事」なのは動物的である
  • 「フェチ」の単純化が進んでいる ほか)
  • 第4章 正しく欲情すべき脳(複雑に絡み合う脳機能
  • コミュニケーションとしてのセックス ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゲームキャラしか愛せない脳
著作者等 正高 信男
書名ヨミ ゲーム キャラ シカ アイセナイ ノウ
シリーズ名 PHP新書 703
出版元 PHP研究所
刊行年月 2010.11
ページ数 181p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-79316-0
NCID BB03931895
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21850626
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想