天皇はなぜ万世一系なのか

本郷和人 著

平成の御世で百二十五代目、皇統は連綿とつづいてきた。その権力統治構造をつぶさに見ると、あることに気づく。はたして日本で貴ばれるものは「世襲」なのか、それとも「才能」か?日本中世史の第一人者がその謎を解き明かす画期的日本論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人事に見る才能と年功
  • 第2章 貴族と僧侶の「家の格」
  • 第3章 才能とは何だ?
  • 第4章 中世朝廷が重んじた価値とは
  • 第5章 武士の技能と家の継承
  • 第6章 日本の権力をざっくり見ると…
  • 終章 万世一系の天皇の登場

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天皇はなぜ万世一系なのか
著作者等 本郷 和人
書名ヨミ テンノウ ワ ナゼ バンセイ イッケイ ナノカ
シリーズ名 文春新書 781
出版元 文藝春秋
刊行年月 2010.11
ページ数 213p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-16-660781-5
NCID BB03925473
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21845662
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想