高校数学でわかる線形代数 : 行列の基礎から固有値まで

竹内淳 著

連立1次方程式の解法の工夫から始まった行列は、ベクトルや行列式とともに線形代数へと発展した。線形代数は、微分・積分と並んで、物理学や工学さらには経済学などできわめて重要な実用数学で、理系や経済学の学生の基礎科目になっている。この線形代数をできるだけ易しく解説するとともにその応用例として、量子力学との関わりを見る。必ずマスターしておきたい基礎数学。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 行列は方程式を解くためのツール
  • 第2章 単位行列と逆行列
  • 第3章 行列式の登場
  • 第4章 行列の数値計算
  • 第5章 空間とベクトルの不思議な関係
  • 第6章 固有値問題ってなに?
  • 第7章 複素数を含む行列
  • 第8章 量子力学との関わり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高校数学でわかる線形代数 : 行列の基礎から固有値まで
著作者等 竹内 淳
書名ヨミ コウコウ スウガク デ ワカル センケイ ダイスウ : ギョウレツ ノ キソ カラ コユウチ マデ
シリーズ名 ブルーバックス B-1704
出版元 講談社
刊行年月 2010.11
ページ数 226p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257704-5
NCID BB03923682
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21849456
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想