天智と持統

遠山美都男 著

『日本書紀』は大化の改新、壬申の乱をどう描いたか。持統天皇が夫・天武よりも亡父を称揚した理由とは。天皇と古代日本の見方が変わる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 二つの天智天皇像
  • 第1章 『日本書紀』の天智天皇像(舒明天皇紀〜皇極天皇紀
  • 孝徳天皇紀〜斉明天皇紀 ほか)
  • 第2章 『鎌足伝』の天智天皇像(『鎌足伝』と藤原仲麻呂
  • 『鎌足伝』が描く七世紀史)
  • 第3章 持統天皇の生涯(誕生-「帝王の女なりと雖も」
  • 結婚と出産-「草壁皇子尊を大津宮に生れます」 ほか)
  • 終章 持統天皇の"古代史"

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天智と持統
著作者等 遠山 美都男
書名ヨミ テンジ ト ジトウ
シリーズ名 講談社現代新書 2077
出版元 講談社
刊行年月 2010.11
ページ数 235p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288077-0
NCID BB03906617
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21849602
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想