カザフの子育て : 草原と都市のイスラーム文化復興を生きる

藤本透子 著

ソ連崩壊後、中央アジアの大国として独立を果たしたカザフスタン。さまざまに復活しつつある文化状況を、家族とその心の内側から描く温かなドキュメント。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 草原の村と多民族都市の人々-多様な歴史経験をこえて(中央アジアにおけるカザフ社会の特徴
  • 多民族都市に生きる
  • 草原の村に生きる
  • 社会主義経験とカザフの諸儀礼)
  • 2 子どもの誕生と成長-ポスト・ソビエト時代の文化復興のなかで(子どもをめぐる状況と儀礼実践
  • 出生祝と揺りかごの祝-現代化のなかの変容
  • 生後四〇日の儀礼-伝統と再解釈(1)
  • 紐切りの儀礼-伝統と再解釈(2)
  • イスラームの命名儀礼-再活性化のきざし)
  • 3 割礼・割礼祝の新たな展開-再活性化にこめられた意味(手術を読み替える-多民族都市の割礼
  • ムスリムになる/若者になる-草原の村の割礼(1)
  • 「伝統的」割礼祝の試み-草原の村の割礼(2)
  • 儀礼がつむぐつながり)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カザフの子育て : 草原と都市のイスラーム文化復興を生きる
著作者等 藤本 透子
書名ヨミ カザフ ノ コソダテ : ソウゲン ト トシ ノ イスラーム ブンカ フッコウ オ イキル
シリーズ名 ブックレット《アジアを学ぼう》 19
出版元 風響社
刊行年月 2010.11
ページ数 66p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-89489-746-5
NCID BB03894609
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21843670
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想