さらば脳ブーム

川島隆太 著

世界的に大ヒットしたゲームのアイコンとなったことで、「脳トレの川島教授」は一人歩きを始めた。日本の街中に顔があふれただけでなく、スペインの地下鉄のポスターや、イタリアのテレビCMにまで登場。そのうえ研究者たちからは「科学的じゃない」との批判が始まり、果ては税務調査までやってくる始末…。「基礎科学研究の社会還元」とは何か。「脳ブーム」の功罪とは。渦中にいた当事者が初めて沈黙を破った手記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「うかつに野に下ることなかれ」
  • 第2章 ファミコンするより公文しろ!
  • 第3章 学習療法を完成させる
  • 第4章 出すぎた杭でもやはり打たれる
  • 第5章 ニンテンドーDS「脳トレ」狂想曲
  • 第6章 産学連携の難しさ
  • 第7章 さらば脳ブーム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 さらば脳ブーム
著作者等 川島 隆太
書名ヨミ サラバ ノウ ブーム
書名別名 Saraba no bumu
シリーズ名 新潮新書 396
出版元 新潮社
刊行年月 2010.11
ページ数 191p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610396-4
NCID BB03874292
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21847366
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想