フラット・カルチャー : 現代日本の社会学

遠藤知巳 編

社会全体を俯瞰する手軽な説明原理が蒸発した現代では、相互に浅く到達できる多様な営みが至るところで開かれる。その自由と倦怠-。「カフェ」「東京」「自動車」「ファミレス」「ライトノベル」「教育産業」「家族イメージ」「コンプライアンス」「ネット言論」「社会学」…。41の文化形象を追いながら、フラットな時代の地平を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 フラット・カルチャーを考える
  • 1 社会の風景
  • 2 フラットな快楽
  • 3 私的空間の圏域から
  • 4 ネット/メディアのなかの文化
  • 5 言論の多重と平板

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フラット・カルチャー : 現代日本の社会学
著作者等 遠藤 知巳
書名ヨミ フラット カルチャー : ゲンダイ ニホン ノ シャカイガク
出版元 せりか書房
刊行年月 2010.10
ページ数 415p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7967-0298-0
NCID BB03871691
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21838613
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
IT企業 IT長者と宇宙ビジネス 青山賢治
「社会と個人」の現代的編成 フラット「化」の語り方 北田暁大
やおいとBL やおい/BLをめぐって 守如子
アート アートにおけるフラットさ 杉平敦
カリスマ、セレブ、イケメン 単独者なき卓越 若林幹夫
カルチャーセンター カルチャーセンターの「深さ」と「浅さ」 元森絵里子
クラシック音楽 クラシック音楽受容の現在 田代美緒
ググれカス 検索への浅い信頼 菊池哲彦
ケータイ 待ち合わせの変容 田中大介
コンプライアンス 公共性の拡張 加藤裕治
ショッピングセンター モール化する世界 若林幹夫
スピリチュアル 消費社会のなかの宗教 貞包英之
タワーマンション 住居と感覚水準 貞包英之
ツンデレ ツンデレという記号 菊池哲彦
デザイン ユーザーフレンドリーな情報デザイン 加島卓
ネット/メディアのなかの文化 お笑い テレビ的「お笑い」の現在 近森高明
ネットカフェ メディア都市の公共性 田中大介
ネット言論 フラットな板と「ウヨサヨ」ゲーム 野上元
ノスタルジア ノスタルジア映画をめぐる新たな快楽 角田隆一
ファストフード・ファミレス ひとりで食べるひとたちの場所 宇城輝人
フラッシュモブ フラッシュモブと2ちゃんねるオフ 伊藤昌亮
フラットな快楽 J-POP J-POPほどフラットなカルチャーはない 阿部勘一
フラット・カルチャーを考える 遠藤 知巳
ポップ広告 ポップ広告のある風景 小倉敏彦
ユニクロ 二〇〇〇年代的ファッションの位相 中村由佳
ライトノベル 「軽い」小説の位相 遠藤 知巳
ヴィレッジ・ヴァンガード キッチュなマニア 清水学
世界遺産 世界遺産ゲーム 加藤裕治
動画/二次創作 ネット時代の映像文化 菊池哲彦
大学教育 美大論 加島卓
子どもへの視線 おとなしい子ども・やさしい大人 元森絵里子
子ども文化と大人 変身ヒーローものを楽しむ「大人」たち 若林幹夫
建築とブランド デザイナーズ・マンションの因数分解 南後由和
政治 選挙カーとツィッターのあいだ 五十嵐泰正
教育産業 投資としての教育 秋元健太郎
東京 集積の零年代 平井太郎
検定 「できる」ことの誘惑 近森高明
社会の風景 カフェ 記号としての「カフェ」 西野淑美
社会学/「社会学」 背中合わせの共依存あるいは「殻のなかの幽霊」 佐藤俊樹
私的空間の圏域から 家族イメージ 「対等化する家族」の語り 野田潤
自動車 どこへも行ける/どこへも行かない 深澤進
言論の多重と平板 マスコミと言論 新聞的「言論」の現在形 遠藤 知巳
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想