数学大明神 : 対談

森毅, 安野光雅 著

とめどなく繰り広げられた、数学にまつわる遊びゴコロあふれるかずかずの話題。「そうか、なるほど」と膝をたたいたあなたの"数楽"的センスはかなりのもの。「なぜ時計を10で区切らなかったのだろう」「10進法の素数と12進法の素数は同じ?」「‐∞に収束する足し算的大小感覚と0が極限の掛け算的大小感覚!」「七五調は休止符もいれて考えると2のn乗リズム?」「ピタゴラスの定理は3次元では面積(?)の2乗!」などなど。愉しいおしゃべりは、のちに井上ひさし、池内紀のおふたりも加わって「ちくま文学の"森"」となりました、とさ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序の章(宇宙人との対話
  • 色の文化 ほか)
  • 0の章(0のイメージ
  • 二種類の大小感覚 ほか)
  • 1の章(1とは何か
  • 猿とヒトの相性 ほか)
  • 2の章(二分的な判断の明快さ
  • 3の構図 ほか)
  • 3の章(クルマの起り
  • 3は安定する ほか)
  • 4の章(視野の形は丸か四角か
  • 四角は世界を作る ほか)
  • 5の章(ペンタグラマ
  • 子どもの頃、正十二面体を作った ほか)
  • 6の章(6の形:味噌汁の模様 ほか)
  • 7の章(7は神秘的な数
  • 七のつくもの ほか)
  • 8の章(二次元の8は八角形
  • 道はどこで折れ曲がっているか ほか)
  • 9の章(角の三等分
  • フェルマーの大定理 ほか)
  • 10の章(10とは何か
  • パチンコ考現学 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 数学大明神 : 対談
著作者等 安野 光雅
森 毅
書名ヨミ スウガク ダイミョウジン : タイダン
書名別名 Sugaku daimyojin
シリーズ名 ちくま学芸文庫 モ6-6
出版元 筑摩書房
刊行年月 2010.11
ページ数 478p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09334-9
NCID BB03866294
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21860834
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想