ダメになる会社 : 企業はなぜ転落するのか?

高橋伸夫 著

世間的には成功を収めたと称賛されるあの会社。いちどは急成長を遂げて躍進したこの会社。そうした「成功企業」が、あるときから坂を転げ落ちるように衰退することがある。かつて増収増益で潤った会社が、ダメになるのはなぜなのか。その原因は、経営者とその精神に由来する。だとするならば、経営者たる者は、どんな資質を備えるべきなのか。資本主義の水脈のなかに現代企業を位置づけ、御社のあるべき姿を考える経営論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 託す仕組みとしての会社
  • 第2章 託されし者、経営者
  • 第3章 オーナー経営者から専門経営者へ
  • 第4章 ガバナンス論の不毛
  • 第5章 制度的同型化の果て
  • 第6章 経営者を選ぶのは誰だ
  • 第7章 託されし者の責務

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ダメになる会社 : 企業はなぜ転落するのか?
著作者等 高橋 伸夫
書名ヨミ ダメ ニ ナル カイシャ : キギョウ ワ ナゼ テンラクスルノカ
書名別名 Dame ni naru kaisha
シリーズ名 ちくま新書 875
出版元 筑摩書房
刊行年月 2010.11
ページ数 221p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06581-0
NCID BB03861381
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21863438
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想