古事記を読みなおす

三浦佑之 著

古事記は、律令国家の由緒を描く史書として読まれてきた。だが、こうした理解には根本的な誤りがある-。日本書紀には存在しない「出雲神話」が必要とされたのはなぜか。どうして権力にあらがい滅びた者たちに共感を寄せるのか。この作品の成り立ちを説く「序」は真実か…このような疑問を通じ本書は、「国家の歴史」以前から列島に底流する古層の語りとして、古事記をとらえ返す。それにより神話や伝承の生きた姿、魅力がよみがえる。古事記の世界を一望に収める入門書の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 なぜ古事記を読みなおすのか
  • 第1章 青人草と高天の原神話
  • 第2章 出雲の神々の物語
  • 第3章 天皇家の神話-天から降りた神々
  • 第4章 纏向の地の物語
  • 第5章 五世紀の大王たち
  • 第6章 滅びへ向かう物語
  • 終章 古事記とはいかなる書物か-語りの世界と歴史書の成立

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古事記を読みなおす
著作者等 三浦 佑之
書名ヨミ コジキ オ ヨミナオス
書名別名 Kojiki o yominaosu
シリーズ名 古事記 876
ちくま新書 876
出版元 筑摩書房
刊行年月 2010.11
ページ数 301p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06579-7
NCID BB03861315
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21863439
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想