転換期における日本社会の可能性 : 維持可能な内発的発展

宮本憲一 著

「維持可能な社会」「内発的発展」といったキーワードをもとに、"成長なしに繁栄できる社会"という新しい社会システムの可能性を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 転換期-先進資本主義経済システムの欠陥と地球環境の危機(第三の転換期か
  • グリーン・ニューディル)
  • 2 Sustainable Development(SD)からSustainable Society(SS)(成長と環境をどう調和させるか
  • 環境と開発に関するリオ宣言
  • SDによってめざすSSとは何か)
  • 3 経済成長主義からの脱却(際限のない成長を信じているのは狂人か経済学者
  • 成長なしの繁栄)
  • 4 内発的発展(ガンジーの教訓
  • 外来型開発から内発的発展へ
  • 内発的発展の原則
  • 内発的発展の新段階)
  • 5 足下から維持可能な社会を(EUのサスティナブル・シティ・プラン
  • 日本の維持可能な内発的発展)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 転換期における日本社会の可能性 : 維持可能な内発的発展
著作者等 宮本 憲一
書名ヨミ テンカンキ ニ オケル ニホン シャカイ ノ カノウセイ : イジ カノウナ ナイハツテキ ハッテン
書名別名 Tenkanki ni okeru nihon shakai no kanosei
シリーズ名 地方自治土曜講座ブックレット no.116
出版元 公人の友社
刊行年月 2010.9
ページ数 74p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-87555-573-5
NCID BB03854750
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21902270
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想