東海道五拾三次 : 保永堂版

歌川広重 画 ; 町田市立国際版画美術館 監修

揃い55図全点の見どころを、原寸を超えるスーパー・クローズアップで紹介する広重の「東海道五拾三次」初めての試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本橋 朝之景-なぜ日本橋は正面を向いているのか?
  • 品川 日之出-大名行列に土下座しなくて大丈夫?
  • 川崎 六郷渡舟-視線をみちびく構図の仕掛けとは?
  • 神奈川 台之景-自然と人物、ほかにどんな対比が?
  • 保土ヶ谷 新町橋-橋の向こうの旅人たちが意味するものは?
  • 戸塚 元町別道-なぜ、ここに「こめや」の看板が?
  • 藤沢 遊行寺-鳥居は何を物語るのか?
  • 平塚 縄手道-主役は行き交う旅人か、それとも?
  • 大礒 虎ヶ雨-その日、大磯はなぜ雨だったのか?
  • 小田原 酒匂川-広重の観察眼の冴えはどこに?〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東海道五拾三次 : 保永堂版
著作者等 佐々木 守俊
安藤 広重
歌川 広重
町田市立国際版画美術館
書名ヨミ トウカイドウ ゴジュウサンツギ : ホウエイドウバン
シリーズ名 東海道五十三次
謎解き浮世絵叢書
出版元 二玄社
刊行年月 2010.10
版表示 二版(改版)
ページ数 127p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-544-21201-3
NCID BB03824079
BB14015608
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21834603
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想