作曲の思想 : 音楽・知のメモリア

小鍛冶邦隆 著

隠された"知の系譜"を求めてバッハからメシアン、そして戦後日本の現代音楽まで-作曲家たちが継承してきた"記憶"とは?音楽学者・沼野雄司氏との対談収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • セバスティアン・コード-J.S.バッハ
  • ア・ヴォルフガング・クライシス-モーツァルト
  • テロリスト・ルードヴィッヒ-ベートーヴェン
  • 悔悟する二人のペテロ-シューベルトとチャイコフスキー
  • 夢みるクロード-ドビュッシー
  • モーリス!不能の愛-ラヴェル
  • 知の継承をめぐって-メシアン
  • 前衛とアカデミズムという擬態-日本戦後音楽史1
  • 西から東から-日本戦後音楽史2
  • 汎アジア主義というエキゾティズム-日本戦後音楽史
  • 付録 ドゥーブル・レゾナンス-武満徹の音楽

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 作曲の思想 : 音楽・知のメモリア
著作者等 小鍛冶 邦隆
書名ヨミ サッキョク ノ シソウ : オンガク チ ノ メモリア
出版元 アルテスパブリッシング
刊行年月 2010.10
ページ数 177p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-903951-36-2
NCID BB03821434
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21875043
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想