現代宗教意識論

大澤真幸 著

社会は宗教現象である。-現代日本を代表する社会学者が、ポストモダンの現在における社会現象や出来事を、宗教現象として解釈する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 社会は宗教現象である
  • 第1部 宗教原理論(宗教の社会論理学
  • 中世哲学の"反復"としての「第二の科学革命」
  • 法人という身体)
  • 第2部 現代宗教論(悲劇を再演する笑劇-現代日本の新興宗教をめぐって
  • 父性を否定する父性
  • 仮想現実の顕在性)
  • 第3部 事件から(Mの「供犠としての殺人」-吉岡忍『M/世界の、憂鬱な先端』をもとにして
  • バモイドオキ神の顔
  • 酒鬼薔薇聖斗の童謡殺人
  • 透明な存在の聖なる名前
  • 世界の中心で神を呼ぶ-秋葉原事件をめぐって)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代宗教意識論
著作者等 大沢 真幸
大澤 真幸
書名ヨミ ゲンダイ シュウキョウ イシキ ロン
書名別名 Gendai shukyo ishiki ron
出版元 弘文堂
刊行年月 2010.11
ページ数 328p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-335-55139-0
NCID BB03810336
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21840353
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想