デカルトの骨 : 死後の伝記

ラッセル・ショート 著 ; 松田和也 訳

"近代哲学の父"にして、解析幾何学の創始者、自然科学に基づく今日の世界観をつくったとされるデカルト。近代をめぐる最大のミステリーは、彼が死に、16年後に遺骨が掘り出されたところからはじまる-。骨はどこへ消えた?最も面白く、最も知的なノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 死んだ男
  • 2 骨の祝宴
  • 3 聖ならざる遺骨
  • 4 場違いな頭部
  • 5 頭蓋の容量
  • 6 身柄提出令状
  • 7 近代の顔

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 デカルトの骨 : 死後の伝記
著作者等 Shorto, Russell
松田 和也
ショート ラッセル
書名ヨミ デカルト ノ ホネ : シゴ ノ デンキ
書名別名 Descartes' bones
出版元 青土社
刊行年月 2010.10
ページ数 348, 17p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7917-6575-1
NCID BB03768025
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21836397
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想