哲学への誘い : 新しい形を求めて  3

松永 澄夫;高橋 克也【編】

社会に生きることは、錯綜する諸価値が機能する意味世界において振る舞うことである。本書は、そうした諸価値の測量士として、私たちの生活にまっすぐ切り込む、哲学の新しい形を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 価値・意味・秩序
  • 第1章 イデオロギーと哲学の場所
  • 第2章 集合的実践と哲学
  • 第3章 生き延びるための知と技術の構築-医療化された社会に生きるということ
  • 第4章 知識基盤社会の構築における哲学の役割
  • 第5章 宗教の発想・哲学の思考
  • 第6章 社会学の知と哲学-「自殺論」を巡って
  • 第7章 大学一般教育における「哲学」という科目

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 哲学への誘い : 新しい形を求めて
著作者等 松永 澄夫
高橋 克也
書名ヨミ テツガク エノ イザナイ : アタラシイ カタチ オ モトメテ
書名別名 社会の中の哲学

Tetsugaku eno izanai
巻冊次 3
出版元 東信堂
刊行年月 2010.10
ページ数 320p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7989-0021-6
NCID BB0376564X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21835043
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想